はじめての方へ

当サイトをご閲覧いただき、ありがとうございます。
ヨガの指導をしております、megと申します。
当方のヨーガレッスンはお忙しい方、ヨーガ自体が初めての方でも馴染みやすいように、
プライベートも重きを置いて行っています。
ゆっくりと無理のないポーズをお休みを取りながら、身体から呼吸、感覚へ、そして心に意識を向けて、自分自身を解放し内側の感覚(心地よさ、あるいは痛み)そこに自分で気づき、自ら修正していきます。

こころね のヨーガについて

初めての方も、身体の硬い方も安心して取り組めます。
こちらではポーズを取るだけでなく、生き方・食事の仕方・日常の在り方、心身の調和を目標に取り組んでいきます。

よくスポーツやエクササイズと思われているヨーガですが、実は自己の心の修正法であり、心がどのように動くかの気づきを観察する手法を教えてくれるものです。
ヨーガを体験していくと、身体の緊張やこわばりがゆるみ、自然と心もほぐれていきます。
この心身の変化に気づいて自分を知ることは大切なことです。
少し細かく表現するならば、自身の身体感覚や呼吸へ意識を向け続けることで、心も身体も徐々に緊張が解けていきます。
その努力を重ねていくことで、心身両方のバランス・柔軟性・安定性・快適さを促していきます。

☆ヨーガとは → ☆プライベートヨーガ → ☆グループレッスン →

ヨーガの目的は「自分の内側と向き合う」こと

ヨーガとはサンスクリット語で「結ぶ」という意味です。

日々に追われ、頭の中の思考が過去や未来、または葛藤や不安に振り回されて、
「今大切なものがよく見えない、整理できない」といったことはありませんか?
「ストレス社会」と言われる昨今、私たちの心は自然と疲れがたまり、相手をいたわる気持ちや愛情が、しだいに欲やワガママでかき消されそうな状態です。
その時の心の中は、外の世界を向き、本来の自分と別の方向にいます。
心の動きや揺らぎを全て止め、「本当の幸せとは何か?」、問いかける時間が必要です。

ヨーガの本来の定義では(ヨーガ教典『パタンジャリのヨーガ・スートラ』第1章2節より)
「心の作用を止滅すること(YOGAS CHITTA VRITTI NIRODHAH.)」とあり、
ヨーガを行うことで、自分の作り出した感情を1つずつ減らしたり、気づいた感情や感覚の痛みを緩めたりして、自分に合うバランスへと調整していく。
そうして、「あらゆる考え事・感情を客観視して、ストレスを抱えにくくする自分作り」をしていきます。
例えば、頑張り過ぎてしまうと、過ぎた分だけ自身に苦痛がくるので、自分の限度(キャパシティ)を再認識して、生活の行動を良い方向に調整していきます。
ヨーガを継続的に実践することで、健康なカラダ・穏やかな心を保ち続けていくことが可能です。

ではどのようにして、調整していけばよいのか?

レッスンでは、アサナ(姿勢法)・プラーナーヤーマ(呼吸法)・ディヤーナ(瞑想)・ムドラ(手の形)・バンダ(締め付け)を行い、ポーズとポーズの間にシャヴァアーサナ(休息)を取り、ゆっくりとした動きでカラダとココロを自然体へとリセットしていきます。

ごあいさつ

初めまして、meg(メグ)です。
今まで、医療施設のサポーターとして多くの方々の想いを聴いてきました。
その中で「自分自身と向き合えない」「想いと行動が伴わずに空回り」「夢はあるのに諦めている」などのお話しがありました。
私もヨーガに出会う前は外側ばかり向いている一人でした。ヨーガは良いというけれど、どう良いのか?カラダが硬くてもできるのか?当時体力をつけたかった程度の私はとても気になっていました。
実際に初めてのヨーガを学ぶことで、ヨーガはエクササイズや運動ではなく、自分の内側と向き合うことの重要性を痛感しました。体験で心の底からスッキリしたり、自分がここにいることを体感したり、自分に必要なことを感じ取ることができるようになりました。
身体を鍛えたい、体幹を鍛えたい、リラックスしたいという一般的に聞くヨーガのイメージも、自分の内側と向き合う延長上で自然と付いてくるものでした。

「自分自身がかわらない限り、自分の心や、周りの世界を変えていくことはできない」

カラダやココロを緩ませる事がいかに大切かと痛感し、今では日常とのバランスも取りながら、過ごしています。
人や時間の流れ、日々への感謝を感じながら、素直な心でお伝えしていけたらと思います。

現在は自宅でのヨーガ教室、市民講座・病院主催のヨーガ教室の講師など、地域活動にも貢献しています。

【ヨガをすることで良かったこと】
・食べ方に気づいて改善でき、太りにくくなった
・自律神経が整った、免疫がつくようになった
・肌つやが良くなった
・イライラしなくなった、悩みにくくなった
・今起きてることに優先順位がつけれるようになった
・無駄なエネルギー、時間の浪費をしなくなった
・自分の中で大切にしているモノに気づけた
・心が物事によって左右されにくくなった、揺らぎにくくなった

【生徒さんからの声】
Rさん 40代

ヨガは今まで何度も行った事あり、色んな場所で色んな先生から習いましたが、
健康の為、ダイエットの為と始めたヨガレッスン!

ヨガ=ポーズ

というのがどこか頭にあって身体が硬い私にはポーズを取るのも一苦労でした。
ポーズ取るたびに痛いって思いながらしていた私。
そんなわけで今までのヨガはキツイヨガのイメージで続けることはできませんでした。

そんな私が出会った『こころねヨガ』は今までのヨガの考えを覆す緩やかヨガだったんです!

えっ!!これで身体がほぐれるの??というくらいスローで、でも終わった後は身体中がポカポカして! ポーズにこだわらなくても呼吸や瞑想身体の感覚を感じて私に合わせてくれる緩やかなポーズ。

プライベートレッスンでの時間は楽しいヨガレッスンと変わりました。

毎回私だけに届けてくれるヨガメニューは今の私の身体の声をしっかり聞いてくれるカウンセリングの資格を持つmeg先生だからできるレッスンなんだと思います。

毎回のレッスンが本当に楽しみです。
これからもよろしくお願いします。

伝統ヨーガの公式大学による認定証をいただきました

1.CYA(ヨーガ認定国際協議会)による『認定ヨーガインストラクターの証明書』
伝統的ヨーガ本来の品質を保証したインド政府組織公認の証明書です。
認定証(ヨーガインストラクター)

2.CCY(ヨーガの認定コース)における『Grade Iの合格証明書』 認定証(ヨーガインストラクター)

プライベートレッスンで安心に真剣により内側へ

基本的に、その方のお話しを聞いて、個別でヨーガのレッスンを行っています。
ヨーガの教典である『パタンジャリのヨーガ・スートラ』『ハタ・プラディーピカー』『ゲーランダサンヒター』を用いて、心の在り方、心はどう動いて、どう対処していくのか、伝統的な教えに沿った「古典ヨーガ」を行っています。
そして、育まれた「より健康なカラダと穏やかな心で、これからの日々をさらに幸せに送れること」が狙いです。
ときには少人数、またはご自分のペースで、
ご自身に ”ちょうど良く心地よいヨーガ(安定する位置)” を見つけていきましょう。
他にも、

  • 初心者で集団の中だと緊張する
  • 正しいポーズを取れているか気になっている
  • 自分のペースを保って取り組みたい
  • マンツーマンで集中できる環境が欲しい
  • 少人数で楽しみたい
  • ご年配の方
  • 外に積極的には出たくない方
  • ゆっくり体をほぐす事からやっていきたい方
  • 心をほぐしたい方
  • 子育て中のお母さんで、心が疲れている方
    (お子様連れ希望の方はご相談ください)

という方も大歓迎です!
お一人でも、仲の良いお友達と一緒のご参加も大丈夫ですので、ご自身のちょうど良いヨーガを見つけていきましょう。

初めてヨーガに取り組むまでの流れ >>